オンラインサロン解説

オンラインサロンとは?開発者が分かりやすく解説します。

オンラインサロンエンジニアの告健士郎です。

国内最安の決済手数料で運用できるオンラインサロンシステム Hishtolia(ヒストリア)を開発・販売しています。

さて、皆さんはオンラインサロンをご存知ですか?

オンラインサロンとは?

ウィキペディアによると

オンラインサロン

オンラインサロンは、月額会費制のWeb上で展開されるコミュニティの総称である。 作家、実業家、アスリート、ブロガー等、専門的な知識を持っていたり、ある分野で優れたスキルや経験を持つ個人、又は複数のメンバーが主宰者となり運営している。

特徴

  • クローズドなコミュニティであり、基本的にオンラインサロン内の内容に関して外部への情報流出は禁じられている為、意見が異なる人やアンチユーザーによる炎上リスクが小さく安心してやりとりが楽しめる。
  • 専門的な知識を持っていたり特定の分野で普段接する機会が少ないカリスマ的な存在の主宰者と気軽に双方向にコミュニケーションができる。また、WEB上という事もあり、居住地に関係なく参加する事が出来る。オンラインサロンによっては、一方的に主宰者が情報を発信するタイプもある。
  • ビジネス系のオンラインサロンが多いが、ファンクラブのようなコミュニティも多々ある。
  • オンラインサロンによっては会員限定でのオフラインイベントの開催もあり、WEB上だけの活動にとどまらない。
  • Google+を利用した匿名性のオンラインサロンもあり、実名を出すことに抵抗があった人も参加しやすくなってきている。
  • 堀江貴文イノベーション大学校の様にユーザーが主体的にイベントを実施したり運営するなどイベントやビジネスが生まれる事がある。

ウィキペディア

という定義がなされているようです。

「毎月お金を払う」ことで「専門的な知識を持つ人、優れたスキルや経験を持つ人が運営するコミュニティに参加できる」ということですね。

もう少しユーザー側の視点で書くと「毎月お金を払う」ことで「会員特典を得る」ということ。

これだけだとサブスクリプション(Amazonプライム、dアニメストア)と同じですので、

「毎月お金を払う」「会員特典を得る」に「会員同士コミュニケーションがとれる」が加わることで、オンラインサロンとなるわけです。

まとめ:
オンラインサロンは、「毎月お金を払う」「会員特典を得る」「会員同士コミュニケーションがとれる」の3つの要素がある。

オンラインサロンは、月額制クラウドファンディング。

私はオンラインサロンを「月額制クラウドファンディング」と認識しています。

サロンメンバー → 支援者

サロン会員数 → クラウドファンディング支援者数

サロン売上 → クラウドファンディング総支援額

会員特典 → リターン

月会費 → リターンの金額

入会ページ → プロジェクトページ

FBグループ投稿 → パトロン限定の活動レポート

クラウドファンディングではリターンが重視されますが、それ以上に重要なのは「何故支援金が必要で、集めた支援金で何を実現するのか?」

今後のオンラインサロンは「会費の使い道→集めたお金の使い道」が重視されます。

成功しているオンラインサロンは会費の使い道・魅せ方が非常に優れています。

キングコング西野さんは、「エンタメに全額ぶっこむ」と公言していますし、鴨頭嘉人さんは「幸せな情報を撒き散らす為の広告費に使う」とYouTubeで語っています。

集まった会費の使い道に共感できるか?はかなり重要な点になるでしょう。

まとめ

今後サブスクリプションモデルが主流になるのと同時に、オンラインサロンも主流になると思います。

その時代の流れを読んで、Hishtolia(ヒストリア)を開発しました。

現在では上場企業やインフルエンサー、マスコミ関係者が導入するシステムに成長しました。

よろしければご導入、ご検討くださいませ!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

告 健士郎

Webエンジニア / オンラインサロンエンジニア。手数料3%の国内最安レベルのオンラインサロン決済システム「Hishtolia(ヒストリア)」の開発者。他アニソンDJの教材販売や関西一の高級飲食街 北新地でアニソンDJイベントを主催。

-オンラインサロン解説

Copyright© Hishtolia , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.